洗濯物雨に降られたらどうする?そのままだと衛生面は大丈夫?洗い直し必要?

スポンサーリンク


洗濯物 雨に降られたら そのまま 衛生面 洗い直し

引用:pixabayより

洗濯物、外に干していたのに雨に降られたら どうしましょう・・・
忙しい主婦としてはそのままか、洗いなおすか迷うところですね。
そのままもう1回干したら衛生面はどうなのでしょうか。
洗い直しはした方が良いのか、そのままでも良いのか調べてみました。

洗濯物 雨に降られたら?

https://twitter.com/mumumu_yone/status/1115421413500841984

外に干した洗濯物が雨にふられて濡れてしまったら。

雨に濡れたことによって菌や汚れ、臭いなどがのこってしまうのか気になりますよね。

洗濯物が雨に濡れると、どのようなことを気にかけなくてはいけないのでしょうか。

そのままにすると?雨は汚れている?


雨に降られた洗濯物、そのままにするとシミやニオイ菌が繁殖する可能性が。

雨の成分は大半が水分ですが、その中には空気中のチリやほこりも含まれています。

大気中に放出されている物質などによって生成された物質が混ざっているということもあります。

酸性雨が有名ですよね。

そういうものが含まれた雨にぬれた場合、そのまま乾かすとやっぱり衛生的には不安かなということみたいです。

スポンサーリンク


洗い直し方法は?

極力洗い直したくない場合

下着類や給食セットなど、特に衛生的に使いたいものだけ洗い直しするという方法もあります。

全てを洗い直すのはとにかく辛いという方は、

アウターやズボンなど外側に着るもの、次の日などにすぐ使う物などは、もうそのままでという選択をする時もあると想います。

そんな時には、とりあえず雨に濡れてしまった洗濯物をなるべく早く乾かしましょう

乾かす時間がかかるとその間に菌が繁殖してしまいます。

そうすると、ますます臭いも気になることになります。

そして、なるべく早めにもう一度使って、その後またしっかり洗濯しましょう。

その後、長期保管する予定の場合には洗い直しをおすすめします。

下着類など小物は比較的乾き安いとおもうので、

洗い直す物を絞るだけで大分負担が軽くなるのではないでしょうか。

洗い直しは水洗い?洗剤洗い?

洗濯洗剤で有名なkaoのウェブサイトでは抗菌剤入りの洗剤での洗い直しをすすめています。

いざ洗い直しを決めても洗剤洗濯からやり直す必要があるのか迷いますよね。

方法としては、水洗い(すすぎ)だけ、柔軟剤だけ、洗剤も柔軟剤もフルモードでやりなおしというのがあると思います。

これは、どんな洗濯物だったのか、雨にどれほどぬれてしまったのかとことなどで判断がかわってくるかと思います。

次の日すぐに使うようなものなら軽く洗い直しでも良いと思います。

長期保管を控えているなら、他の衣類へ臭いや菌がうつっても困るので、しっかり洗い直しておきたいですね。

外に干せないときは?

View this post on Instagram

スポンサーリンク


洗濯物に一部屋まるまる奪われる梅雨 #暮らし#賃貸#団地#部屋干し#梅雨#サンルームが欲しい

A post shared by nabe (@nabe_ie) on


菌や臭いは、乾燥までにかかる時間が関係してきます。

せっかく洗い直しても、どうせ外には干せないというときもありますよね。

そんなときに出来る、少しでも早く乾く工夫とはどのようなことがあるのでしょうか。

部屋干し用洗剤を使う

https://www.instagram.com/p/Bp6VdT1FMKy/?utm_source=ig_web_copy_link
乾くまで時間がかかってしまうと部屋干し臭など、悪臭の原因になってしまいます。

部屋干し用洗剤や、完全抗菌洗剤などもあるので、そちらを使うのもおすすめです。

風をおこす

https://www.instagram.com/p/Bhsn56OlvKd/?utm_source=ig_web_copy_link
部屋干しするときには、エアコンや除湿器、扇風機を使いましょう。

なるべく風を起こし、部屋の空気の流れを作ると洗濯物の乾燥に効果的なようです。

どうしてもすぐに乾かしたい時は?


家でどうしてもすぐに乾かしたいものがあるというときにはアイロンやドライヤーで乾かすという方法もあります。

コインランドリーや洗濯機の乾燥機能を使うという方法ももちろんあります。

でも、コインランドリーのために外へ出かけられないときもあります。

洗濯機の乾燥機能は時間が結構かかります。

そういうときは、少しのものならアイロンやドライヤーを使って乾かすのが結構効果的です。

私は、帰省先から戻る時、荷物にいれたい半乾きの洗濯物とかにドライヤーをかけます。

でも、それなりに手間ですし電気代もかかりそうかな。

ということで、やむおえないときにオススメという感じでしょうか。

今はこたつがないので出来ないのですが、

実家暮らしの頃はこたつに入れて乾かしたりもしました。

今考えると、こたつの中はかなり空気こもりそうですよね。

レインコートは大丈夫?


実はレインコート(雨カッパ)も毎回お洗濯した方がいいようです。

雨にぬれる服といえばレインコートですよね。

ついつい雨に濡れても、乾かして、そのまましまっていませんか?

我が家は完全にそうです。

梅雨時期など、頻繁に使う季節が終わった後に洗うくらいです。

それでも、今までカビやシミ、臭いなどで困ったことはありません。

しっかり乾かしてからしまっているおかげかな。

とはいえ、ほんとうは使用する度に洗うのが正解みたいです。

専用洗剤や家庭用中性洗剤で洗濯してしっかりすすぎます。

仕上げに撥水剤を使うと、ますますしっかり水をはじいてくれるようになるのだそう。

家のお洗濯で撥水剤をつかったことはありませんが、

アウトドア用のダウンにかなり便利だと聞いたことがあります。

お気に入りのレインコートがある方は、しっかりお手入れすることで長く使って行けそうですね。

洗濯物 雨よけグッズ

怪しい天気だけど、朝は晴れているなら外干ししたい!という時、

洗濯物を雨から守ってくれるグッズがあるようです。

いくつかご紹介します。

ベランダカバー 便利シート

ベランダ外側の竿に通すだけで、すぐに雨よけになるシートです。

カーテンのようにガードするので、風通しは良いのがうれしいですね。

取付け外しも難しくなく、使わないときは小さくたたんで収納できる便利シート装着したままでおいておきたいときにはバンドでまとめておけるようです。

衣類ハンガー 洗濯日和ネクスト

竿に通して使うことが出来ます。

両脇も覆う形で横から雨が吹き込む心配もありません。

使わないときにはアコーディオンのようにたたんで端に寄せておくだけという便利さ。

ベージュの色付きなので、周囲からの目隠しにもつかえます。

他にも、さまざまな形や色の雨よけカバーが販売されているようです。

外干しの雨ストレスが多いかたは、こういう便利グッズを使ってみてはいかがでしょうか。

最後に

雨に濡れてしまった洗濯物は、出来ることなら洗い直しした方が安心のようですね。

雨にはチリ、ほこりの他に大気中の汚染物質も混ざっていたり。

目に見えない分、余計に心配になりますよね。

心配しているよりは一手間で洗濯してしまう方がはやいのかなと思いました。

とはいえ、忙しい中での洗濯物洗い直しは辛い。。。

いろいろな便利グッズも出ているようなので、こちらも利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です